北京 診察

今日の北京は晴れ
・・・外は暖かく、部屋の中は暖房がまだ入っているので暑い

.

週末に持っていった採便の検査結果を聞くために再度United Family Hosipitalに行ってきました

もう出血はとまっているので、心配はないということです
出血の原因としては大腸の憩室から出血が疑われるので、日本で再検査したらいいとのアドバイスをもらいました
食事は、後1週間ほどは、やわらかいものをと言われています
一応小籠包や焼き魚のようなものは食べていいとのことです・・・ただしお酒はだめだとか!

今回は薬を1か月分だされました、BIFICOという名前で、調べてみると、日本で言うビオフェルミンでした

ということで、近々日本に再度戻って検査をすることになりそうです
・・・またしばらく日本からの指示待ちです

.

PS
ここ1週間、家にこもっています・・・自宅静養というのも辛いです

.

広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメント

  • sai  On 2012年3月29日 at 5:21 PM

    こんにちは。
    お元気なようで良かったです。
    突然入院して失神されたりと、日記を読んでいる私からすると、出された薬がビオフェルミン・・・、心配のしすぎかもしれませんが、心細い感じがします。
    無理なさらずに。

    • BeijingTRI  On 2012年3月31日 at 9:51 AM

      まあ、出血が止まれば食事に注意するだけで薬はいらないということのようです・・・日本が薬をだしすぎるのかも

  • terrath  On 2012年3月31日 at 8:48 AM

    一言一句、上記の sai さんと同じです。。。日本の本部の方が、ゆっくり
    療養できるよう寛大な措置をとってくれることを祈ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。