北京 演劇 愛情冏人

今日の北京は曇り・・・
相変わらず寒い日が続いています

.

僕のヨガ(最近はずいぶんご無沙汰しています)の先生が関係している演劇のチケットをいただいたので昨晩足をはこんできました
演劇といっても、北京電映学院(映画学院)の卒業生や学生が出演、運営しているものなので、商業演劇というほどではなく、運営費をかき集めるのに苦労している公演のようです

パンフレットは、

公演の場所は、こういった若い人たちが公演を行う宣武門にある繁星戯劇村です

劇場の入り口は手作りらしく、こんな感じで、ヨガの先生がレセプションをやっていました

.
北京だから許される舞台撮影です

中国語はあまり分からなかったのですが、笑いあり涙ありの楽しいひと時を過ごすことができました

最後に、なぜか抽選がありジーンズが当たってしまいました・・・
なんだか無料のチケットをもらった上にこんなものが当たるなんてちょっと気が引けました

.

広告
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメント

  • terrath  On 2010年12月30日 at 7:43 AM

    下北沢みたいですね~(行ったことないですけど!)。
    見た感じコミカルで面白そうですね。
    中国の演劇の世界って、例えば芸術表現や演出の一つとしての濃厚なラブシーンなどはOKなんでしょうか?それともやはり社会主義の国なんで当局から予め台本の検閲やNGが出たりするんでしょうか?。。。

  • BeijingTRI  On 2011年1月2日 at 12:06 AM

    geozareさん
    ちょっと下北とは雰囲気は違いますね
    反体制的でなければなんでもOKなんじゃないでしょうか..
    キスができないのはインドですよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。