孔乙已酒店

 
今朝の北京はちょっと曇り
 
先日22日に「孔乙已酒店」へ
 
東単にある会社から五道口の会社へ行く途中
いつも、この店はなんなんだろうと思っていたところ
 
店の名前は魯迅の小説のタイトルからとったものだそうだ
 
店の中は
 
 
こんな感じ
 
メニューが手書きで字が読みにくい・・・
読めたところで、何がでてくるかはわからんのだが
 
紹興酒がうりとのこと
 
どうせ飲むならめったに飲めないものをということで
メニューのなかでもっとも高かった30年ものを選ぶ
価格は6百元+アルファ
 
 
お店のお姉さんによれば、50年ものもあるとか
 
ちょうど入口を入ったところに鮒料理のおおきな看板がでていたので
メニューを探したのだが見つけることができず断念
 
名物料理の臭豆腐は苦手だったのでパス
ウィキョウ豆は食べてみました
 
あとは適当にたのんで二人で総額800元ちょっと
 
 
 
孔乙已酒店  北京老店
  北京市東城区東四北大街322号
  010-64040507
 
広告
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメント

  • 杨智  On 2007年3月24日 at 10:26 AM

    呵呵,你知道鲁迅嘛?
    交个朋友吧……

  • 飛騨の赤カブ  On 2007年4月1日 at 4:43 AM

    赤カブも臭豆腐は苦手。。。
    北京の街も少しずつ春に変わって行くのかな?
     

  • Yume  On 2007年4月1日 at 7:23 AM

    こんにちは~
    そちらに住んでいると,
    お気に入りのお店を探すのも楽しみですね!
    紹興酒30年ものは、どんなお味でしたか?

  • BeijingTRI  On 2007年4月1日 at 9:33 AM

    Yume さん
    何度も通いたくなるお店は少ないですけれど・・・
    紹興酒30年、ちょっとまろやかすぎて、8年くらいのほうがピリっとしていいかも
     
    赤カブさん
    北京は少しづつじゃなく、急に変わっています
    一月いかないとあっという間に道路が整備されていたりして・・・
     
    杨智さん
    魯迅って日本じゃ有名ですよ!
     

  •  On 2007年4月1日 at 10:20 AM

    魯迅の孔乙己有名ですよ。私には読んだことがないが

  • BeijingTRI  On 2007年4月1日 at 10:16 PM

    雨叶さん
    そう魯迅て有名ですよね・・・阿Q正伝なんて馴染みが深いのですが
    実は、僕も読んだことはないんです  m(__)m
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。